アメリカノコ ? 
f0104042_102537100.jpg


子どもの頃
大アゴが真っ直ぐなノコギリクワガタを
「アメリカノコ」という呼び名で区別していた

なぜ「アメリカ」なのかは不明
誰が言い出したかのかもわからないが
誰もこれがアメリカ産だとは思っていなかった

友人によっては「チョウセンノコ」と呼ぶ人もいたし
関西では「ピンノコ」とも呼ぶようだが
「アメリカ」という名はものすごくマイナーだ

実はこれが
ノコギリクワガタの小歯型であることを大人になって知った
ご存知とは思うが
クワガタムシの大きさは幼虫の頃の育ち加減で決まる

栄養状態が貧弱なノコを「アメリカ」とはちょっとミスマッチな話だが
むしろ
赤みを帯びた体色がアメリカザリガニを連想させたのかも知れない

西洋のこぎりの形状という説もあるが
子どもの知識を考えると
これはやや苦しいか…
[PR]
by kinokoe | 2015-06-26 23:25 | 採集記 | Comments(0)
<< 今年初のミヤマ観察 赤ノコ (2015/06/22... >>