ちょっとミヤマを見てくる…(2016/08/13 埼玉)
本当は先週が一番状態が良さそうだったが、旅行直後でそんな気が起こらなかった。
でもムズムズってポイントの様子は気になる。
だってもう8月半ば。ミヤマの季節はもう僅かなのだから。


いろいろ考えたが、やっぱり行くことに決めた。
朝5時出発で、午前中だけでも山を登るのだ。


f0104042_2228105.jpg



このポイントは電車に少々乗れば行ける低山。
ミヤマの数はそれほど多くないし大型も少ないが、
何と言ってもクルマ無しで、お手軽にミヤマに出会えるのがよい。


f0104042_222864.jpg



樹液にはカナブンが僅かにいるだけで、ミヤマは確認できなかったから、
仕方なく蹴りをいれてみると、1頭落っこちてきた。
初め小さく感じたが、木に止まらせて撮影していたらけっこう大きく見える。
測ると67ミリ。意外と大きいな。
この地で67ミリならなかなか良いサイズと言えるだろう。型もカッコイイ。


でも、蹴りで見つけただけでは物足りないのだ。
虫を手に入れるだけの観察なんて喜び半分だと思う。
木に張り付いている姿が見たいんだ。


f0104042_22281213.jpg



帰りながら、行きに見た木を再確認しながら行くと
「いるじゃん!」
さっき見つからなかった爆裂を大きめなのが歩いている。
コレじゃなくちゃ!と、しばらく双眼鏡で眺めてから、
近くで撮影をしようと斜面を駆け下りたが、
メクレに隠れてしまいそうで撮影は後回しにして、網を伸ばしてとりあえず確保。


f0104042_22281415.jpg



意外とサイズは上がらず66ミリ。
双眼鏡で見ていると大きく見えてしまうな…。


この写真を撮っていると蚊が100匹くらいワンワンと襲ってきた…。
手や指をちら見するだけで5,6匹がたかっている。足をみると20匹はいそうだ。
もう、たまらん!
逃げるように帰途についていた。


下山し、時計をみると9時30分。
午前中だけでミヤマが観察できてしまうのだから、
ここはうれしいポイントだな。







[PR]
by kinokoe | 2016-08-13 22:26 | 採集記 | Comments(0)
<< お盆期間は人を避けて…(201... ミヤマ観察も最終章 (2016... >>