ミヤマに会いたい Vol.7 (2017/08/25 埼玉 ミヤマ♂7、♀6)

長雨も一息つき、久しぶりに猛暑となった関東地方。
もうおしまいか、と思えたミヤマ観察だが、今週の暑さで樹液も復活してきそうな気がした。
現地の様子は全く伝わってこないから、ここは読みと勘である。
「ミヤマはまだ見つかる。」


例年なら9月の終盤まで観察できるのだが、今年は事情が違う。
今週を逃したらちょっと会えなくなりそうな気がしてならないのだ。
土日は待っていられない。
ここぞとばかり、今日は「休暇」という切り札を使った。


まずは人気のポイントを攻める。
平日とは言え、有名なポイントだから人が入った形跡も見つかる。
ただ、それより気になったのはクヌギやコナラの樹液がほとんど終わっていることだ。
カナブンはもちろん、スズメバチまでも見かけない。


f0104042_231622.jpg



そんな状態だから、ナタが入ったポイントでさえも閑散としている。
先行者の取りこぼしか。かろうじて小さなミヤマを見つけた。


f0104042_2258313.jpg



どこの爆裂でも樹液がほぼ閉店状態の中、細い枝で中型を数頭見つける。
なんとも紛らわしい場所にいた。これは慣れていないと絶対に見つからないだろうな。
自転車で回っているから気付けたのかもしれない。


f0104042_2303488.jpg



目が慣れてくるに従ってそこそこ見つかる。
もちろんルッキングだから「蹴り」はほとんどいらない。
これは65ミリで本日最大。
こういう姿をいくつか見られたので、今日はほぼ満足だ。


f0104042_22582946.jpg



これで今シーズンのミヤマクワガタ観察は終わろうと思っている。
総じて今シーズンは不調だったかな。
いつもいるポイントに全然集まっていなかったし、大物にも出会えなかったし…。
昨年見つけた新規ポイントが無かったらどうなっていたことやら。
















[PR]
by kinokoe | 2017-08-25 23:41 | 採集記 | Comments(0)

自動車無しでいろいろ歩き回って、東京ヒラタ中心に昆虫採集をしたことを掲載していきます。


by kinokoe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30