2017年 09月 10日 ( 1 )
秋、ノコギリクワガタ (2017/09/09 東京 ノコ♂1、ノコ♀)
今日は都内でも有数の某有名ヒラタポイントまで足を伸ばした。
ピーク時は採集圧が高すぎて敬遠してる場所だ。
今夜も一組、こんな時期なのに親子のグループが来ていて樹液クヌギを徘徊している。


以前、この地にあるヒラタが何頭も入っていた洞は気にはなっていたが、人に会いたくないから、発生初期に行ったきり訪れていない。


淡い期待もあったが、当然のようにその洞はゴキブリの住処となっていた。
この時期だから仕方がない。


ヒラタは期待せず、クヌギの樹液だけをみて回りながら帰ることする。
ここのクヌギは今年はよく樹液をだしていたようで、どこの樹液場も今でもあちこち濡れている。
同時にクヌギまでの道筋ができていて、今までそうとうな人数がこれらの樹液場を観察に来たことがわかる。


f0104042_23354273.jpg



そんなクヌギの1本、思わぬ成果。ノコのペアがいる。
中歯?小歯? 微妙なアゴの大きさだ。


f0104042_23354013.jpg



秋型というのがふさわしいのか、秋に羽化したものかもしれない。
だとすると越冬するのか。


そのままにしようかと思ったが、
撮影中に落下してしまい、踏まれてもいけないので拾い上げて少し離れた草むらへ逃した。















[PR]
by kinokoe | 2017-09-10 00:05 | 採集記 | Comments(0)