カテゴリ:採集記( 181 )
ヒラタ発生予測(2015/08/19 東京)
f0104042_11195813.jpg



自分なりに「ある法則」があって
単純ながら
ヒラタクワガタが発生する日が予測できる。

もちろん 必ず ではないが
今夜はその法則に当てはまる日だ。

やっぱりいた
45ミリほどの雄。

樹液をなめていたが
ライトに驚き捲れに隠れてしまった。
[PR]
by kinokoe | 2015-08-19 23:18 | 採集記 | Comments(0)
ヒラタクワガタ再び(2015/08/10 東京都)
f0104042_18252252.jpg



暑くなると姿を見せなくなるヒラタクワガタ。
一体どこに隠れているのだろう。
樹洞や高所の捲れなど、
隠れ場所の説も様々だ。

そして
猛暑が去った頃から チラホラと再び姿を現す。
これを「二次発生」とか「第二ピーク」、
などと言う人もいる。

個人的には「ピーク」というほど多くはないと思うが、
夏の後半に羽化するものは確認している。

写真の雄は、
8月10日に発生場所で見つけた50ミリの新成虫だ。
これから1ヶ月ほど、
カブトムシがいなくなった樹液酒場に
ひょっこりともどってきたヒラタクワガタが観察できる。
[PR]
by kinokoe | 2015-08-10 23:24 | 採集記 | Comments(0)
(2015/08/08)
f0104042_19561755.jpg



今日は 都心から電車でわずか数十分ほどのポイントへ。
標高100メートルにも満たない場所。
この地にミヤマがいるのが驚きだ。

夜のほうが大物に出会えるかも知れないが。
今回は朝狙い。
1頭でもみつけられたら目的達成という欲のない観察だ。

今朝は先行者がいないのか
ミヤマは本命の樹で あっさりみつかった。
みんな「コミヤマ」くんである。

目的は達成できたものの やっぱり大物がみたいな。
[PR]
by kinokoe | 2015-08-08 19:59 | 採集記 | Comments(0)
シロスジカミキリ産卵中(2015/08/06 埼玉県)
f0104042_17421472.jpg


先日とは異なり
ミヤマを見つけるのに苦労した。
もうお盆休みが始まっているのか。

採集圧もかなり高まってきているようで
カナブンすら付いていない樹が多い。

きっと朝一で蹴られてしまったのだろう。

だから 今日の主役はシロスジカミキリだ。
折よく 産卵シーンを観察できた。

栗農家には憎き悪魔だが
やっぱりカッコイイのだ。
[PR]
by kinokoe | 2015-08-06 17:43 | 採集記 | Comments(0)
愚かな行為
f0104042_11405814.jpg


友人を誘って久しぶりにミヤマ観察に出かけた。

某有名ポイントで、
私たちがクヌギを双眼鏡で観察していると、

そこへ1台のクルマが停まり、
中から中年の男と幼い女の子が降りてきた。

「いますか?」と様子を聞きながら私たちの近くまで入ってきて、
観察をすること無く、いきなりポイントのクヌギを豪快に蹴りだした。

先にポイントにいた私たちに遠慮をすることなく、
その後も何本かの木を蹴りまくっていった。

結局、ノコが1頭落ちてきただけだったが、
失礼で乱暴な採集ぶりには全く呆れる。

夏休みに入ると、こういう輩が増えてくる。

写真の木は、幹にナタが入れられてしまったクヌギである。
残念なことに、こんな愚行でできた樹液場にミヤマが来ていた。

クワガタを「玩具」としか思っていない大人が実に多い。
クワガタを採集に来る前に
自然への畏敬の念を持つべきであろう。
[PR]
by kinokoe | 2015-08-01 22:39 | 採集記 | Comments(0)
北海道でミヤマ観察
f0104042_21535153.jpg

f0104042_2153545.jpg



道南の山間部までクルマを走らせた
早朝に降った大雨の影響でミヤマがいない
雨さえなければ…と思うが仕方がない


近所の農家にお邪魔して
ご自宅の裏にあるミズナラをみせてもらった
太さが1メートル以上はありそうだ


運良く
沢の上まで伸びた枝の途中にミヤマはいた
立派な大アゴをもった「エゾ型」71ミリ
「これぞ北海道」という風格だった
[PR]
by kinokoe | 2015-07-24 21:51 | 採集記 | Comments(0)
今年初のミヤマ観察
f0104042_1862860.jpg


今年初のミヤマクワガタ観察に出かけた。

朝4時半に出発。

冬季に下見して見つけておいたポイントに70ミリがいた。
70ミリというのは関東にける大台である。
このサイズに会いたいがために山に入るのだ。

最初に行ったクヌギにコイツがいたから、
その後の観察は もう 余裕綽々だ。
[PR]
by kinokoe | 2015-07-12 18:07 | 採集記 | Comments(0)
アメリカノコ ? 
f0104042_102537100.jpg


子どもの頃
大アゴが真っ直ぐなノコギリクワガタを
「アメリカノコ」という呼び名で区別していた

なぜ「アメリカ」なのかは不明
誰が言い出したかのかもわからないが
誰もこれがアメリカ産だとは思っていなかった

友人によっては「チョウセンノコ」と呼ぶ人もいたし
関西では「ピンノコ」とも呼ぶようだが
「アメリカ」という名はものすごくマイナーだ

実はこれが
ノコギリクワガタの小歯型であることを大人になって知った
ご存知とは思うが
クワガタムシの大きさは幼虫の頃の育ち加減で決まる

栄養状態が貧弱なノコを「アメリカ」とはちょっとミスマッチな話だが
むしろ
赤みを帯びた体色がアメリカザリガニを連想させたのかも知れない

西洋のこぎりの形状という説もあるが
子どもの知識を考えると
これはやや苦しいか…
[PR]
by kinokoe | 2015-06-26 23:25 | 採集記 | Comments(0)
赤ノコ (2015/06/22 東京)
f0104042_23144329.jpg


いつもの樹液酒場

赤い顔のノコギリクワガタが余裕の食事

なるほど今夜は月曜か…

コワイ客も少ないわけだ


[PR]
by kinokoe | 2015-06-22 23:17 | 採集記 | Comments(0)
ノコシーズン開幕(2015/06/20 東京)
f0104042_1733502.jpg


街灯の下
甲虫の羽音に気付いて目をやると
赤く光る虫が飛んできた

カブトムシかと思ったが眼は光っていない

伸ばした手の先にとまってくれたのは
6センチ程度の大歯ノコだ

爪が鋭くて持っているのが辛い
コンクリートの地面に降りてもらって撮影

いよいよノコギリクワガタのシーズン開幕だ
[PR]
by kinokoe | 2015-06-20 23:31 | 採集記 | Comments(0)