カテゴリ:採集記( 170 )
風が強くても…(2017/05/29 東京 ヒラタ♂9、♀2)
風が強いのが気になった。
帰宅後、早速出動したが、強風のわりには昨夜よりいい感じがする。
湿度もやや増えているようだ。


f0104042_22305382.jpg



今夜もメスは現れた。


f0104042_22305191.jpg



先日、穴に潜られたのが外に出ている!
48ミリあった。


f0104042_22304879.jpg



このマメピカにはいつも潜られぱなしだが
今夜はよい写真が撮れた。


f0104042_22304517.jpg



なんとツバキの木の下にヒラタ。
たぶん、移動中なのでしょう。


f0104042_2234437.jpg



今夜はヤモリが多いな。










[PR]
by kinokoe | 2017-05-29 22:39 | 採集記 | Comments(0)
まだ爽やかなんだなぁ…(2017/05/28 東京 ヒラタ♂12、♀3)
ようやくヒラタの季節になってきたと思うのだが、夜の空気は爽やかだ。
爽やかな空気を歓迎しないのはクワガタ観察を趣味にしている人くらいだろう。
もっとムシムシベトベトして欲しいところだ。
そんな日があったら、仕事中も心は「ワクワク」してしまうな。


ということで、期待もせず観察に出かけた。


f0104042_23261084.jpg



小さいけどなかなかの美形をみつけた。
反応もよくて、すぐに擬死のポーズをとる。
大アゴが長いし鋭い。


f0104042_2326834.jpg



面白がって手のひらに乗せてながめていたら、
この通り。
痛かった〜。それに全然放してくれない。
このまま5分くらい痛みに耐えて待つ。
「良いヒラタだ…」


f0104042_23261333.jpg



地面にメスがいた。
アリに遊んでもらっている?
このままゆっくり歩いて移動していく。
大丈夫なのか。


f0104042_23261595.jpg



エノキの朽木に新成虫を発見。
さすがにアゴ先が鋭い。
挟まれたら痛そう…。




爽やかな夜だったが、案外、多くの出会いがあったな。










[PR]
by kinokoe | 2017-05-28 23:39 | 採集記 | Comments(6)
高原のような…(2017/05/27 東京 ヒラタ♂2、♀2)
今日は昼は暑かったけど、夜にはヒンヤリした空気が流れ込んで高原の空気ような感じだった。


観察はわずかなポイントのみで終わらせた。


f0104042_23234522.jpg

メス




f0104042_23235645.jpg



常連のオス










[PR]
by kinokoe | 2017-05-27 23:28 | 採集記 | Comments(0)
メス多い (2017/05/25 東京 ヒラタ♂6、♀3)
今日は会議が伸びて帰宅が遅れた。
午前中は久しぶりの雨が降ったから早く観察に行きたいところだったけど、こればかりは仕方がない。

今夜はいつもより1時間遅い出動となった。

f0104042_2250579.jpg



メスだ。


f0104042_22503100.jpg



またまたメス。しかも同じ樹液に2頭いる。


今夜はレディースデイなのか。


f0104042_2250032.jpg



昨夜の新成虫は、今夜イヌシデの木にいた。
おそらく移動中なのだろう。


f0104042_22495614.jpg



この52ミリは昨夜のものとは違って新成虫だ。
新顔なのかは判断がつかない。


この写真を撮ったあと、雨脚が強くなり観察は終了とした。
今夜も惜しいな…。










[PR]
by kinokoe | 2017-05-25 23:05 | 採集記 | Comments(0)
今宵はいい感じ (2017/05/24 東京 ヒラタ♂8、♀1)
天気は下り坂なのだそうだ。
気温も低めだったが、ヒラタが出そうな雰囲気があってワクワクしていたのだけれど、
途中から雨が降り出し、観察は終わり。
たくさん観察できそうなのに惜しいな…。


f0104042_2364524.jpg



本日の新顔。出てきたばかりの新成虫。
まだ逃げることを知らないようだ。


f0104042_2372541.jpg



これは52ミリの常連。
穴からちょっと出てきてもらった。










[PR]
by kinokoe | 2017-05-24 23:15 | 採集記 | Comments(0)
よくメスを見かける…(2017/05/23 東京 ヒラタ♂4、♀1)
この頃、よくメスを見かける。
ヒラタたちの生活も大事な時期になりつつあるということか。


f0104042_20532093.jpg



f0104042_2053236.jpg



今夜は風が強く、観察は僅かなポイントで切り上げた。
メス以外は常連さん。











[PR]
by kinokoe | 2017-05-23 20:57 | 採集記 | Comments(0)
新顔はメスだけ(2017/05/22 東京 ヒラタ♂8、♀3)
やはり乾燥が気になる。
先日の雨はもうすっかり乾いてしまって、森はだいぶ埃っぽい感じだ。
風もあるし、
これではヒラタもみられないだろう、と思いつつもいつものルーティーンで回っていると、
常連さんだけは活動していて、数はそこそこみられた。


f0104042_22161027.jpg



本日の新顔は、このメスだけ。
しばらく地面をウロウロしていたが、切り株の根元に行き着くと、急に忙しく動き出して地面に潜っていってしまった。
たくさん産卵してくれると良いが…。











[PR]
by kinokoe | 2017-05-22 22:23 | 採集記 | Comments(3)
徐々に増えてきたけど…(2017/05/21 東京 ヒラタ♂9、♀2)
今日もヒラタは出そうな雰囲気だったが、やや乾燥気味なのが気になる。個人的には、ヒラタ発生の時期の観察には、土日に雨が来てくれると大変都合が良いのだが、そううまくは行かないのが現実だ。


f0104042_23214043.jpg



新規のポイントにもヒラタが出てきた。写真のヒラタも新顔だ。
クヌギやコナラの樹液も少しずつ増えてきているから、しばらくするとどこのポイントでも確認できるようになるだろう。


f0104042_23214397.jpg



これが今夜みた中で一番大きかったヒラタ。
穴からなかなか出てこなくて苦労した。










[PR]
by kinokoe | 2017-05-21 23:36 | 採集記 | Comments(0)
ヒラタがたくさん。でもまわり切れない…(2017/05/20 ヒラタ♂13、♀1)
昼間吹いていた風が夕方にはおさまり、家を出た時にはヒラタが出そうな空気を感じた。
気温も湿度もちょうどよい。
これで樹液が出ていたら最高だ。


f0104042_22223694.jpg



またこの黄色い粘菌がいくつも見つかる。
ヒラタが動く日にはこの粘菌がよく見つかるから、発生に関わる関連性があるかもしれない。とりあえず、この粘菌が見つかる日はチャンスと思っておこう。


鞘翅を開きかけているヒラタメスがいた。一瞬、羽化不全かと思ったが…
カメラを向けていると…


f0104042_222255100.jpg



f0104042_22225151.jpg



「うおっ!翔んだ!」


貴重な瞬間が撮れたと思い喜んでいたのもつかの間、写真はブレてしまった。
全く残念!


f0104042_22224629.jpg



今夜は50ミリありそうなオス2頭に逃げられてしまった。
写真を撮れたのは、この47ミリと、


f0104042_22224260.jpg



この52ミリ。
昨夜も似たようなサイズに出会ったが、今夜のはアゴのすり減りもない新成虫。
黒々していて美しい。




今夜は、一夜で回れる半分程しか行けなかったが、体力的に限界。
もっと行きたいところだが、明日の楽しみとしておこうかな。











[PR]
by kinokoe | 2017-05-20 22:41 | 採集記 | Comments(0)
ヒラタ最適日と思ったけど…(2017/05/19 東京 ヒラタ♂10)
昼間は暑かった…。
久しぶりに夜の観察への期待感が高まる。
ただ、5月の夜はそう甘くはない。
夕方から風が強くなり、空気も乾燥しだした。
出かける頃には期待感も半減だ。


f0104042_22442136.jpg



常連の「よごれたくん」がお出向かえ。
相変わらず汚れている。


やはり常連しかみつからない。


ちょっと気分を変えて、超有名ポイントの公園へ。
こんな気温では期待はできないが、ちょっと気になる木があって、導かれるように自転車を漕いだ。


f0104042_22442653.jpg



これが大当たりで、上の写真の52ミリを筆頭に、50、49と3頭の越冬成虫が1本の木でみつかった。
次々に洞に潜っていくので、スポークとラジオペンチを持ち替えながら確保することに集中する。
指の間に3頭挟んで場所を変え、暗闇撮影会である。


f0104042_22443920.jpg



50ミリ↑


f0104042_22444351.jpg



49ミリ↑
52ミリと49ミリは第一内歯が擦れて無くなってしまっている。
どんな過去をもつのだろう。


ちょこちょことよく動くのでブレブレの写真ばかり。
愛用のカメラはマクロだとフラッシュが焚けないからちょっと困るな。




撮影後はもとの木にリリースする。
ひと夏越えた彼らだから、捕まらずに頑張って欲しい。










[PR]
by kinokoe | 2017-05-19 23:04 | 採集記 | Comments(0)