カテゴリ:実地踏査( 10 )
再び新規ポイント開発
「新規ポイント開発」と書いてはいるが、本当は、お決まりコースの見落としをみつけることが目的だ。新規のポイントを求めてより遠くの場所を目指すと、ご近所の優良ポイントを犠牲にすることになる。難しい選択だが、限られた時間と体力を考えると、毎日のルーティンワークを充実させる方を選ぶことが賢明だと思った。


f0104042_21134488.jpg



こんな写真しか貼れないが、行ったら行ったでいくつかは可能性のあるポイントがみつかる。
この時期、シラカシの樹液は大放出中だが、シーズンインした途端に出なくなるのが常なので、洞や亀裂の場所をみつけてはメモっておくのが大事。まあ、実際は全部見廻れないのだけれど。


f0104042_21201776.jpg



ポイントを探している合間に、意外と楽しめるのがこの鳥。
「ワカケホンセイインコ」という外来種だが、奇妙な声を出しながら群れている。生態系にどのくらい影響しているかわからないが、ガビチョウほど影響力はなさそうだ。
ユーモラスな動きと言葉のような声をきいていると、ちょっとだけほっこりくる。









[PR]
by kinokoe | 2017-03-05 21:25 | 実地踏査 | Comments(0)
新規ポイント開発
潰れてしまったポイントの代わりに新規ポイントを探さなくてはならないが、全く駄目になったわけではないので、昨年までのルーティンを辿りつつも、その範囲内で新しいポイントを加えたい。今日は空気も温かくて、午前中の2時間ほどであったが「下見」を楽しむことができた。


f0104042_16253388.jpg



シーズン通して実績が期待できるクヌギのポイントが欲しいところだが、どこでもクヌギは目立つし、樹液場は自分だけの秘密の場所とはいかないのが辛いところ。
地面に潜っているところや手入れがされていないところは樹液場が見つけにくい。


f0104042_16253686.jpg



樹液を出しているコナラをみつけた。
たいていは、コナラの樹液は期間限定だ。
この時期だけに期待薄だが、とりあえず順路のひとつに入れておく。


良さそうな木が民家のすぐ横にあったりして、夜の観察では近寄れないところも多い。
公園のロープ柵くらいなら入ってみてきてしまうのだけど、都会の観察はほんとうに肩身が狭い。
「◯◯甲虫類生態調査研究所 昆虫生態調査中」とか適当な名前の入った腕章をつくってしまおうか、と妄想している。







[PR]
by kinokoe | 2017-02-26 16:54 | 実地踏査 | Comments(0)
今年は苦戦しそうだな…
ご近所観察のルートを点検してみた。
この時期、樹液が出ている場所がたくさんあるのだが、なぜかシーズンインすると出なくなる。この中で出続けているところがヒラタの重要なポイントになってくるのだ。


f0104042_16374620.jpg



今日は気温も上がっているせいか、発酵臭もなかなかだ。


f0104042_16374286.jpg



こんな細い木までダラダラだが、果たしてピークに残っていくかが微妙だ。


毎年のことだが、幾つかのポイントが潰れていた。昨年はけっこうな実績があっただけに今年の観察は苦労しそうだ。







[PR]
by kinokoe | 2017-02-25 16:54 | 実地踏査 | Comments(0)
しらみつぶし
f0104042_22541481.jpg



ご近所のポイントを探す。
もうほとんどの場所はチェック済みだが、まだ見落としはある。
こんなコナラだって可能性はある。

もう「しらみつぶし」だ。

だって、思いもよらない場所でヒラタに出会えることがあるのだから。







[PR]
by kinokoe | 2017-02-19 22:53 | 実地踏査 | Comments(0)
埼玉にミヤマポイント探し (2015/03/14 埼玉県)
残雪も無くなり、下見がしやすくなったこの頃。
クワ仲間のKさんにクルマを出してもらい、ミヤマポイントの開発に行ってきました。

あらかじめネットの地図でめぼしい場所を探し、いくつか候補を考えていましたが、果たしてそれが当たりかどうかは行ってみなくてはわからないのはみなさんご経験のとおりです。
まあ、たいていは外れることが多いのですけど、1、2箇所でも当たればとりあえず今シーズンの楽しみが増えるわけです。
できるだけ多くの場所に行ってみるしかありません。


f0104042_11261963.jpg
とりあえず、クヌギを探します。
夏場は葉の雰囲気で遠くにあってもすぐにクヌギが見つかりますが、この時期、幹や枝の形状で見分けなくてはいけないのが辛いこところ。


f0104042_11261234.jpg
でも目が慣れてくると、だんだんと勘が働き出し、おおよそ判別ができるようになりますから、人間の目の判別能力ってもなかなか優秀なものです。


f0104042_1126535.jpg
道路から眺めた森の雰囲気で「この奥にクヌギがありそうだな…」というイメージも湧いてきて、実際に行ってみるとクヌギの林が見つかったりするんです。
また、2人で意見が合ったりすると結構な確率です。
少しは経験も積んできたということかな。


f0104042_1126956.jpg
爆裂もけっこう見つかりました。


f0104042_11262452.jpg
なかなかおもしろそうです。


f0104042_11262740.jpg
これも期待できそう。


夏が楽しみになってきました。
[PR]
by kinokoe | 2015-03-14 23:28 | 実地踏査 | Comments(0)
ご近所下見
昨日、今日とご近所の下見。
先日紹介したiPhoneアプリに写真を撮ってデータづくりです。
気になる箇所を次々に登録していったらスゴイ数に。
自転車ではとても回りきれないので、発生の具合を見て検討です。


f0104042_1637636.jpg公園の地面には、気がつけばこのような下草が青々と生えていました。
新鮮な草のいい匂いがします。
春になってきたかな。


f0104042_163723.jpgご近所を注意深くみていくと、今までパスしていたところに隠れたポイントが隠されていて、今さらですが、「何でもっと早く気が付かなかったのだろう」と後悔しています。
昨年の樹液痕がありながらも、今は枯れてしまった木も。もったいない話です。
[PR]
by kinokoe | 2015-02-22 16:46 | 実地踏査 | Comments(2)
新しい緑地
f0104042_152338.jpgまたまた下見。
前回、回りきれなかった緑地を散策。

なかなかいい雰囲気。
地面の湿った感じもヒラタ向きで、ちょっと期待が高まります。
こっち方面のメインになるかも。
[PR]
by kinokoe | 2015-02-11 15:27 | 実地踏査 | Comments(0)
生田緑地周辺
家族と藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきました。
長男が小さな頃からドラえもんの大ファンでしたので、一度は行ってみたいな、と。

ビックリしたのは、何と館内でクワ仲間のKさんに会ったのです。同じ日の同じ時間に会えるとはスゴイ偶然。こんな事ってあるんですね。


f0104042_22251933.jpg
帰りの道で寄り道して、素敵なシラカシを見つけました。


f0104042_22252110.jpg
樹液が出ていたらクワガタがはまりそうなすき間がいっぱいあります。
遠いので採集には来ませんけどね。(^_^;)
[PR]
by kinokoe | 2015-02-07 22:27 | 実地踏査 | Comments(0)
新規ポイントでノコ頭
f0104042_13571669.jpg
休日はなるべく下見をしようと近場探索に出かけていますが、最近みつけた最も有望な新規ポイントはこれ。
この樹液もこの木の一部。すでに発酵臭が漂っていて、今でもかなりイイ雰囲気です。
ただし残念なことに夜は入れない場所にあって、日中の観察のみ。


f0104042_13572166.jpg大きな洞の中には、ノコの頭。夏でも樹液が出ていることは確実。
制限はあるものの楽しみな場所です。
[PR]
by kinokoe | 2015-02-01 14:08 | 実地踏査 | Comments(0)
ご近所のポイント探し
f0104042_15503457.jpg
最近は、休みの日となると近所にあるポイントを探しに出かけています。今まで行ったことがあるポイントでも見落としがあったり、「いないかな」と見過ごしていた場所でも改めてさがしてみたら「こんなところが…」というポイントがあったり、と発見がいくつかありました。
今どきに樹液がたっぷり出ている木もあります。シーズンインしたら出てくれるかわかりませんが。(^_^;)
[PR]
by kinokoe | 2015-01-25 15:55 | 実地踏査 | Comments(0)