生田緑地周辺
家族と藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきました。
長男が小さな頃からドラえもんの大ファンでしたので、一度は行ってみたいな、と。

ビックリしたのは、何と館内でクワ仲間のKさんに会ったのです。同じ日の同じ時間に会えるとはスゴイ偶然。こんな事ってあるんですね。


f0104042_22251933.jpg
帰りの道で寄り道して、素敵なシラカシを見つけました。


f0104042_22252110.jpg
樹液が出ていたらクワガタがはまりそうなすき間がいっぱいあります。
遠いので採集には来ませんけどね。(^_^;)
[PR]
# by kinokoe | 2015-02-07 22:27 | 実地踏査 | Comments(0)
新規ポイントでノコ頭
f0104042_13571669.jpg
休日はなるべく下見をしようと近場探索に出かけていますが、最近みつけた最も有望な新規ポイントはこれ。
この樹液もこの木の一部。すでに発酵臭が漂っていて、今でもかなりイイ雰囲気です。
ただし残念なことに夜は入れない場所にあって、日中の観察のみ。


f0104042_13572166.jpg大きな洞の中には、ノコの頭。夏でも樹液が出ていることは確実。
制限はあるものの楽しみな場所です。
[PR]
# by kinokoe | 2015-02-01 14:08 | 実地踏査 | Comments(0)
ご近所のポイント探し
f0104042_15503457.jpg
最近は、休みの日となると近所にあるポイントを探しに出かけています。今まで行ったことがあるポイントでも見落としがあったり、「いないかな」と見過ごしていた場所でも改めてさがしてみたら「こんなところが…」というポイントがあったり、と発見がいくつかありました。
今どきに樹液がたっぷり出ている木もあります。シーズンインしたら出てくれるかわかりませんが。(^_^;)
[PR]
# by kinokoe | 2015-01-25 15:55 | 実地踏査 | Comments(0)
クワガタ観察に使えそうなiPhoneアプリ
こんにちは。
冬眠中のkinokoeです。

そろそろ下見に動き出しているのですが、
知らない間に消えていた緑地が多くて、もうガックリ。
今年は、有望ポイントが3箇所は消失してしまったため、
ただでさえ、貧弱なポイントがさらに少なくなっています。

もう、このオフは穴場のポイントを見つけることが必至な状況です。

ということで、
下見して見つけた「可能性のあるポイントや木」を記録しておける便利なiPhoneアプリが欲しいところです。
条件としては、
1. GPS機能で、写真を撮った場所が記録され、地図で確認できること
2. 場所や樹木、採集した個体などについてのデータやコメントが記録できること
3. 後でカーナビに入力するのに必要な緯度や経度が示されること

おおよそこんな感じです。

初めは昆虫や野鳥のフィールドノートのようなものを探しましたが、あまり需要が無さそうで見つかりません。では、「釣り」なら…、と探してみたら…

「釣果ノート」というアプリを見つけました。


f0104042_23395255.jpg
記録する項目は、「魚種」であったり、「ロッド」とか「リール」といった釣りに関係していますが、自分なりに関連付けをしてしまえば上記の条件を満たしています。


f0104042_23395512.jpg
写真を撮った場所は、地図上にピンで記録されます。
無料アプリですが、課金すれば月齢カレンダーや潮位の情報も使えるようです。
潮位はクワガタには影響あるのでしょうか?調べてみると面白いかも…。


必要があれば、twitterで情報を共有できるようですが、僕らにはこの機能は必要無いかも知れませんね。

観察ルートを検討するには便利なアプリかもしれません。
[PR]
# by kinokoe | 2015-01-21 23:47 | 雑記 | Comments(0)
自動車持っていないんです
はじめに

あれほど虫を怖がっていた息子(現在6歳)が、なにやらよく分からない昆虫の名前を言うようになったのは、おととしの夏でした。「マンディーブラリスフタマタクワガタ」とか「ギラファノコギリクワガタ」とか…。

「なんですか?それは?」と聞くと
「ムシキングだよ!」と言われました。

巷では、「ムシキング」というゲームが流行っていたのを全然知らなかったのです。いろいろ調べてみると、このゲームの影響で、ずいぶん外国産の昆虫が輸入されているではありませんか。リサーチに出かけた近所のペットショップにいた大型のクワガタムシを見て、息子は目を輝かせています。「買って欲しい」とは彼は言いません。でも店を出た後の表情を見ていると物欲しそうです。そこで私は彼に言いました。

「虫というのはなぁ…買うものではなくて、捕まえるものなんだよ」
「じゃあ…捕まえに行こうか!」

そんなことで始まったむしとり。
でも最初の夏は、カブトムシの1匹も捕れませんでした。
私の子どもの時の感覚で近所の森に行ってみたのですが、やはり30年以上のブランクは私自身も環境も変えてしまっていたようです。

そんなこんなで、2回の夏を経て、少しずつですが昆虫が捕まえられるようになってきましたので、今年からは息子と行った昆虫採集をBLOGで記録していってみようと思います。

多くの方は自家用車を駆使して山野を探しまくっているようですが、私たちには自動車がありません。たぶんこのBLOGをご覧になった方は歯がゆいことと思いますが、「歩き」か「自転車」での採集を中心に投稿していこうと思っています。

2006年3月29日
[PR]
# by kinokoe | 2006-03-29 23:07 | 雑記 | Comments(0)