マメピカ発生中 (2017/05/06 東京 ヒラタ♂6)
大きさが30ミリ〜40ミリ程度の小型ヒラタばかりが見つかる。


f0104042_0213984.jpg



大型のヒラタは黒いつや消しなのに対して、小型のものはつやつやして光沢があるため、通称「マメピカ」なんて呼び方をしている。
毎年そうだが、発生初期はこのマメピカが多い。


これには理由があるに違いない。
大型のものより早めに出てきて、いち早くメスと交尾することで自分の遺伝子を残そうとしていると思われる。


f0104042_0214262.jpg



とは言え、そう多くはないメスをこの時期に見つけるのはかなり厳しいものがあるだろう。


今夜の50ミリをこえる個体は昨夜もみかけたふ節欠けの1頭のみだった。
あと1週間もすれば50ミリ前後のものも多くなるだろうから、マメピカくんたちは必死にメスを探さなくてはいけない。










[PR]
# by kinokoe | 2017-05-06 23:18 | 採集記 | Comments(0)
立夏…動き始めた (2017/05/05 東京 ヒラタ♂3、♀1)
今日は「立夏」。いよいよ夏突入だ。
日中の気温もかなり高かったはずだ。
ヒラタもきっと動き始める。


f0104042_21541615.jpg



昨夜コクワがいた木にマメピカのヒラタ。
まだ移動していなかったということか…。


f0104042_21542116.jpg



ということは、もうひとつのポイントにいたのは別の個体だ。
これで3度めの撮影だから、甚だ迷惑だ、という表情にみえてくる。


f0104042_21541847.jpg



同じ木にメスがいた。
うまくペアリングできたのだろうか。


f0104042_21542691.jpg



別のポイントでは、50ミリの越冬個体に出会えた。
穴に入っていた時はもっと大物にみえたが、目が慣れていないから感覚のズレがある。


f0104042_21542429.jpg



前脚のふ節が欠けている。
珍しくディンプルが多い。放虫?
いやいや…この森に放虫する人はいないはずだ。
そのくらいここは意外な場所である。











[PR]
# by kinokoe | 2017-05-05 22:12 | 採集記 | Comments(2)
ヒラタが出そうなサイン (2017/05/04 東京 ヒラタ♂1、コクワ♂1)
ここ2日間は夜の気温が低く風も強いため、観察には出かけなかった。
でも、今日は何か違う感じがして、ちょっと範囲を広げて観察だ。


相変わらず風は強い。
外に出て気がついたが、爽やかすぎだ。
そういえば雨も降っていないし…。


気温◯、湿度☓、風☓ といったところ。
状態はあまり良くない。


f0104042_21193955.jpg



先日、マメピカがいた森ではコクワガタ。
ヒラタの気配は無い。
代わりに、ナメクジとゴキブリがいる。


ナメクジとゴキブリは多くの人からは嫌われ者だが、彼らがいることは私にとってはヒラタのサインである。彼らを見かけたということで少し期待が膨らみ、別の森に移動する。


f0104042_218015.jpg



穴にもぐり込もうとするところを指で押さえた。
ヒラタだ。42ミリ。


f0104042_2175659.jpg



少し雨が降ればもっとみられるかもしれない。









[PR]
# by kinokoe | 2017-05-04 21:26 | 採集記 | Comments(0)
今夜も同じく(2017/05/01 東京 ヒラタ♂1)
午後から雨が降り雷も…
夕方は陽がさしたり風もやんだりしたのだが気温は上がらず。
ウィンドブレーカーを着ての出動だ。


まだまだ森をうろつくには怪しくみえるな…。
深入りして探すのは控えなくては。


f0104042_22302252.jpg



今夜もマメピカに出会った。
昨夜と同じ木、同じ場所だ。


他のポイントはさっぱり…。
やっぱりヒラタが本当に動き出すのはまだ先かな。








[PR]
# by kinokoe | 2017-05-01 22:47 | 採集記 | Comments(0)
移動したのかな? (2017/04/30 東京 ヒラタ♂1)
今日は風も少なく、気温も湿度も、今年でベストだったと思う。


昨夜のヒラタは当然いるだろう、と思っていたが、同じ木では見つからず、代わりにコクワがいた。


ヒラタはどこなのか?


f0104042_21531690.jpg



実は、同じ森の別の木にこのヒラタは見つかった。
昨夜見た木からはかなり離れている。
ほぼ同じ大きさだが、同一の個体なのかはわからない。


f0104042_21532137.jpg











[PR]
# by kinokoe | 2017-04-30 22:11 | 採集記 | Comments(2)
さあ、開幕! (2017/04/29 東京 ヒラタ♂1)
f0104042_19261662.jpg



そろそろだと思っていたが、気温が低い日が続いて、やっと本日開幕。
昨年の初見は4月23日だったから、今年は1週間近く遅いことになる。


f0104042_19262055.jpg



手にとってみた。
大きさは40ミリに満たないマメピカ。


最初の1頭をみつけるのは本当にうれしい。
当たり前のことだが、
季節が動いていることを実感する。









[PR]
# by kinokoe | 2017-04-29 19:34 | 採集記 | Comments(4)
むしが呼ぶ
今夜は気温や湿度がいい感じだったんだ。

風が強いのがちょっとね…。

でも、
なんだか「むしが呼ぶ」感じで気になる夜…
こんな時期に出てこないのは承知のうえで出動だ。


f0104042_21464478.jpg



発酵臭が森に漂う。
すごい樹液だ。


f0104042_2146486.jpg



ちょうどよい隙間があるが、まだ住民は居ない。


もし風が無かったら…と思う。










[PR]
# by kinokoe | 2017-04-06 21:56 | 採集記 | Comments(0)
再び新規ポイント開発
「新規ポイント開発」と書いてはいるが、本当は、お決まりコースの見落としをみつけることが目的だ。新規のポイントを求めてより遠くの場所を目指すと、ご近所の優良ポイントを犠牲にすることになる。難しい選択だが、限られた時間と体力を考えると、毎日のルーティンワークを充実させる方を選ぶことが賢明だと思った。


f0104042_21134488.jpg



こんな写真しか貼れないが、行ったら行ったでいくつかは可能性のあるポイントがみつかる。
この時期、シラカシの樹液は大放出中だが、シーズンインした途端に出なくなるのが常なので、洞や亀裂の場所をみつけてはメモっておくのが大事。まあ、実際は全部見廻れないのだけれど。


f0104042_21201776.jpg



ポイントを探している合間に、意外と楽しめるのがこの鳥。
「ワカケホンセイインコ」という外来種だが、奇妙な声を出しながら群れている。生態系にどのくらい影響しているかわからないが、ガビチョウほど影響力はなさそうだ。
ユーモラスな動きと言葉のような声をきいていると、ちょっとだけほっこりくる。









[PR]
# by kinokoe | 2017-03-05 21:25 | 実地踏査 | Comments(0)
新規ポイント開発
潰れてしまったポイントの代わりに新規ポイントを探さなくてはならないが、全く駄目になったわけではないので、昨年までのルーティンを辿りつつも、その範囲内で新しいポイントを加えたい。今日は空気も温かくて、午前中の2時間ほどであったが「下見」を楽しむことができた。


f0104042_16253388.jpg



シーズン通して実績が期待できるクヌギのポイントが欲しいところだが、どこでもクヌギは目立つし、樹液場は自分だけの秘密の場所とはいかないのが辛いところ。
地面に潜っているところや手入れがされていないところは樹液場が見つけにくい。


f0104042_16253686.jpg



樹液を出しているコナラをみつけた。
たいていは、コナラの樹液は期間限定だ。
この時期だけに期待薄だが、とりあえず順路のひとつに入れておく。


良さそうな木が民家のすぐ横にあったりして、夜の観察では近寄れないところも多い。
公園のロープ柵くらいなら入ってみてきてしまうのだけど、都会の観察はほんとうに肩身が狭い。
「◯◯甲虫類生態調査研究所 昆虫生態調査中」とか適当な名前の入った腕章をつくってしまおうか、と妄想している。







[PR]
# by kinokoe | 2017-02-26 16:54 | 実地踏査 | Comments(0)
今年は苦戦しそうだな…
ご近所観察のルートを点検してみた。
この時期、樹液が出ている場所がたくさんあるのだが、なぜかシーズンインすると出なくなる。この中で出続けているところがヒラタの重要なポイントになってくるのだ。


f0104042_16374620.jpg



今日は気温も上がっているせいか、発酵臭もなかなかだ。


f0104042_16374286.jpg



こんな細い木までダラダラだが、果たしてピークに残っていくかが微妙だ。


毎年のことだが、幾つかのポイントが潰れていた。昨年はけっこうな実績があっただけに今年の観察は苦労しそうだ。







[PR]
# by kinokoe | 2017-02-25 16:54 | 実地踏査 | Comments(0)