タグ:ミヤマクワガタ ( 2 ) タグの人気記事
ミヤマに会いたい Vol.8 (2017/09/03 埼玉 ミヤマ♂3)
性懲りもなく、また近場の山に行ってしまった。
この土日のどちらかでかる~く観察に出かけるつもりではあったけど、土曜日の朝は雨だったし、気温も低かったから、今日は早朝よりも10時過ぎくらいに家を出ればちょうど良いという読みだ。
前回で一応気持ち的には区切りをつけたから、目標は1頭で控えめ。


f0104042_19365765.jpg



日差しも良好、気温もちょうど良い。
すでに正午は過ぎている。
ミヤマも樹液に集まって来そうな陽気だ。


f0104042_20213782.jpg



日曜日ということで、駅から登山口まで2家族(父親と男の子)とすれ違った。
まさかミヤマ観察ではないよな…。いちおう気になるが、軽装だからたぶん違うだろうけど、万一競合したとしても、少し先を行っていれば問題なさそうだ。


f0104042_19362578.jpg



目立つ爆裂には居なかったが、双眼鏡が無くては見えないポイントでミヤマを発見。
「ウゥ…いるいる。(^^) 目標達成だ。」


f0104042_1936992.jpg



今日の失敗は、虫よけスプレーを持ってこなかったこと。
蚊の猛攻がスゴイ。慣れない人なら気が狂いそうになる。
落とさないように慎重に斜面を降り、真下から網を伸ばして手に入れる。
金毛がまだけっこう残っている。
67ミリ。
この山で観察できた中で最大級だった。














[PR]
by kinokoe | 2017-09-03 20:39 | 採集記 | Comments(0)
ミヤマに会いたい Vol.7 (2017/08/25 埼玉 ミヤマ♂7、♀6)
長雨も一息つき、久しぶりに猛暑となった関東地方。
もうおしまいか、と思えたミヤマ観察だが、今週の暑さで樹液も復活してきそうな気がした。
現地の様子は全く伝わってこないから、ここは読みと勘である。
「ミヤマはまだ見つかる。」


例年なら9月の終盤まで観察できるのだが、今年は事情が違う。
今週を逃したらちょっと会えなくなりそうな気がしてならないのだ。
土日は待っていられない。
ここぞとばかり、今日は「休暇」という切り札を使った。


まずは人気のポイントを攻める。
平日とは言え、有名なポイントだから人が入った形跡も見つかる。
ただ、それより気になったのはクヌギやコナラの樹液がほとんど終わっていることだ。
カナブンはもちろん、スズメバチまでも見かけない。


f0104042_231622.jpg



そんな状態だから、ナタが入ったポイントでさえも閑散としている。
先行者の取りこぼしか。かろうじて小さなミヤマを見つけた。


f0104042_2258313.jpg



どこの爆裂でも樹液がほぼ閉店状態の中、細い枝で中型を数頭見つける。
なんとも紛らわしい場所にいた。これは慣れていないと絶対に見つからないだろうな。
自転車で回っているから気付けたのかもしれない。


f0104042_2303488.jpg



目が慣れてくるに従ってそこそこ見つかる。
もちろんルッキングだから「蹴り」はほとんどいらない。
これは65ミリで本日最大。
こういう姿をいくつか見られたので、今日はほぼ満足だ。


f0104042_22582946.jpg



これで今シーズンのミヤマクワガタ観察は終わろうと思っている。
総じて今シーズンは不調だったかな。
いつもいるポイントに全然集まっていなかったし、大物にも出会えなかったし…。
昨年見つけた新規ポイントが無かったらどうなっていたことやら。
















[PR]
by kinokoe | 2017-08-25 23:41 | 採集記 | Comments(0)