タグ:採集記 ( 19 ) タグの人気記事
ヒラタも終わりが近い (2017/09/06 東京 ヒラタ♂2)
このところの東京は、夜の気温が20℃前後と低く、窓を開けていると寒いくらいだ。
気温の低さもあって観察を怠っていたが、今日は久しぶりに蒸し暑いから出かけたくなる。
ただ、夕食の準備が遅くなり、スタートは遅めで、2ヶ所のみの観察にした。


f0104042_18433520.jpg



もう樹液が確認できる木はこの森では1本だけとなった。
この木に40ミリ台後半のヒラタが2頭。
すでにカナブンもメスカブトも居ないから樹液のライバルはゴキブリだけだ。


天気予報によると明日から雨が続く。
この木の樹液もこの雨を境に洗い流されて乾いてくるだろう。
ヒラタを観られるのも最後かもしれない。


f0104042_18433764.jpg



次に訪れた森では樹液がすでに終わっていて、常連も姿を消していた。















[PR]
by kinokoe | 2017-09-05 23:39 | 採集記 | Comments(0)
ミヤマに会いたい Vol.8 (2017/09/03 埼玉 ミヤマ♂3)
性懲りもなく、また近場の山に行ってしまった。
この土日のどちらかでかる~く観察に出かけるつもりではあったけど、土曜日の朝は雨だったし、気温も低かったから、今日は早朝よりも10時過ぎくらいに家を出ればちょうど良いという読みだ。
前回で一応気持ち的には区切りをつけたから、目標は1頭で控えめ。


f0104042_19365765.jpg



日差しも良好、気温もちょうど良い。
すでに正午は過ぎている。
ミヤマも樹液に集まって来そうな陽気だ。


f0104042_20213782.jpg



日曜日ということで、駅から登山口まで2家族(父親と男の子)とすれ違った。
まさかミヤマ観察ではないよな…。いちおう気になるが、軽装だからたぶん違うだろうけど、万一競合したとしても、少し先を行っていれば問題なさそうだ。


f0104042_19362578.jpg



目立つ爆裂には居なかったが、双眼鏡が無くては見えないポイントでミヤマを発見。
「ウゥ…いるいる。(^^) 目標達成だ。」


f0104042_1936992.jpg



今日の失敗は、虫よけスプレーを持ってこなかったこと。
蚊の猛攻がスゴイ。慣れない人なら気が狂いそうになる。
落とさないように慎重に斜面を降り、真下から網を伸ばして手に入れる。
金毛がまだけっこう残っている。
67ミリ。
この山で観察できた中で最大級だった。














[PR]
by kinokoe | 2017-09-03 20:39 | 採集記 | Comments(0)
ミヤマに会いたい Vol.7 (2017/08/25 埼玉 ミヤマ♂7、♀6)
長雨も一息つき、久しぶりに猛暑となった関東地方。
もうおしまいか、と思えたミヤマ観察だが、今週の暑さで樹液も復活してきそうな気がした。
現地の様子は全く伝わってこないから、ここは読みと勘である。
「ミヤマはまだ見つかる。」


例年なら9月の終盤まで観察できるのだが、今年は事情が違う。
今週を逃したらちょっと会えなくなりそうな気がしてならないのだ。
土日は待っていられない。
ここぞとばかり、今日は「休暇」という切り札を使った。


まずは人気のポイントを攻める。
平日とは言え、有名なポイントだから人が入った形跡も見つかる。
ただ、それより気になったのはクヌギやコナラの樹液がほとんど終わっていることだ。
カナブンはもちろん、スズメバチまでも見かけない。


f0104042_231622.jpg



そんな状態だから、ナタが入ったポイントでさえも閑散としている。
先行者の取りこぼしか。かろうじて小さなミヤマを見つけた。


f0104042_2258313.jpg



どこの爆裂でも樹液がほぼ閉店状態の中、細い枝で中型を数頭見つける。
なんとも紛らわしい場所にいた。これは慣れていないと絶対に見つからないだろうな。
自転車で回っているから気付けたのかもしれない。


f0104042_2303488.jpg



目が慣れてくるに従ってそこそこ見つかる。
もちろんルッキングだから「蹴り」はほとんどいらない。
これは65ミリで本日最大。
こういう姿をいくつか見られたので、今日はほぼ満足だ。


f0104042_22582946.jpg



これで今シーズンのミヤマクワガタ観察は終わろうと思っている。
総じて今シーズンは不調だったかな。
いつもいるポイントに全然集まっていなかったし、大物にも出会えなかったし…。
昨年見つけた新規ポイントが無かったらどうなっていたことやら。
















[PR]
by kinokoe | 2017-08-25 23:41 | 採集記 | Comments(0)
やっぱり樹液にしか来ていない(2017/08/23 東京 ヒラタ♂4、♀1)
今日は仕事で残業もあり、やや疲れ気味。
2ヶ所のみの観察とした。


f0104042_22103845.jpg



今夜の新顔は♀。僅かな樹液に来ている。


f0104042_22104096.jpg



いつもの47ミリくん。樹液が出ている洞から出てきてもらった。


f0104042_22104213.jpg



樹液の出ている特等席にいる50ミリ。
これも写真用に出てきてもらった。


f0104042_22104546.jpg



この樹液はおそらく自分かペアのメスが「ツボ」に穴を開けて出させたのだろう。
小さいが樹液は独占だ。


どのヒラタも樹液が出ている場所にきているな。
ポイントの狙い目は、樹液必須ということか。















[PR]
by kinokoe | 2017-08-23 22:18 | 採集記 | Comments(0)
ムシムシの熱帯夜 ヒラタも動く (2017/08/22 東京 ヒラタ♂7)
今日は暑かった。
雨続きの東京。このところ涼しい日が多かったが、やっと夏が戻ってきた。
ここ数年のような酷暑が無かっただけにヒラタの復活には期待したいところだ。


f0104042_22591513.jpg



新顔が出てきた。
幹を歩く、歩く…。


f0104042_22591874.jpg



これも新顔。
40ミリ前半の中型。


f0104042_22592118.jpg



いつもメクレから顔を出してくれる47ミリくんが、今夜は別の洞に入っているな。
ということは…。


f0104042_22592489.jpg



メクレには新顔。50ミリある。
うっかり挟まれてしまった。血が出る。アゴの先端がまだ鋭い。


f0104042_22593484.jpg



これは常連のマメピカ。
最近、洞から樹液に出張している。
いい傾向だな。















[PR]
by kinokoe | 2017-08-22 23:18 | 採集記 | Comments(0)
久しぶりの大物 (2017/08/21 東京 ヒラタ♂6、♀2)
東京は長雨の記録を更新中だが、そろそろ落ち着きそうな雰囲気だ。
気温も徐々に上がってきたから、8月最後の2週間は夏らしくなって欲しいものだ。
この長雨はヒラタの発生にはどう影響してくるのだろうか。
何だか梅雨っぽい陽気に近いと思うのだけど、まさか新成虫が出て来るようにも思えないな。


f0104042_2127372.jpg



今夜も常連のヒラタを観察。


f0104042_2127133.jpg



このペアはさっきまで交尾していたような雰囲気。
今年はメスがたくさん見られたから、産卵された数は多くなるのだろうか。
再来年くらいは「当たり年」になっているかも知れない。


f0104042_21265954.jpg



今夜は最後に見た森でけっこうデカイのに出会えた。
この森で会ったヒラタでは一番大物。
50ミリ台後半はいきそうだ。


f0104042_21265640.jpg



多少擦れているが、アゴの先端はそれほど鈍っていない。
このくらい大きいのがまだ見られるなら、もう少し観察は続けようかな。















[PR]
by kinokoe | 2017-08-21 21:43 | 採集記 | Comments(0)
いない。いやまだいる。(2017/07/08 東京 ヒラタ♂6、♀1)
5日、6日と常連さんの2頭しか見つからず(回ったポイントは3箇所のみ)、気持ちの中ではヒラタのシーズンは終わっている。昨年もほぼ同じ時期にミヤマに切り替えているから、予定通りとは言えるが、今年は樹液の出がもう一歩だったし、大物も少なかったこともあり、どうもすっきりとしない。

全く居なくなったわけではないから、夕食後はつい習慣的に出動したくなる。実は疲労も結構たまっているのだが、もしかすると、という気持ちが優っているからなのかも知れない。

この時期、ヒラタの観察はあまり気持ちの良いものではなくなっている。なぜかと言うと、日に日にポイントが荒らされて、無残な姿を目の当たりにすることが多いからで、家に帰ってため息をつく事になる。
今夜もそうだ。樹皮は剥がされ、発生木は材割りされ…。もう来たくないという気持ちが明日へ引きずられることになる。
もう、ヒラタもコクワガタも居ないんだよ、と言ってやりたい。無駄な事はやめたほうが良いのだ。

そんなことを思いながら、荒らされていないポイントを巡ってみた。そもそも、剥がす樹皮も無いのだから荒らしはほぼ皆無である。


f0104042_17190113.jpg



f0104042_17190150.jpg



期待もしていなかったが、たった2箇所で52ミリを筆頭に、なんと7頭のヒラタに出会えてしまった。もう止めようかと思っていたのに…。


f0104042_17190232.jpg



実は、欲が無くなったときのほうが成果が上がることが多い様な気がする。
ガツガツしちゃいかん、というわけだ。










[PR]
by kinokoe | 2017-07-08 23:25 | 採集記 | Comments(0)
大物ヒラタか? (2017/07/03 東京 ヒラタ♂4、♀2)
東京は熱帯夜だ。じっとしているだけで汗が吹き出てくる。
こんなひどい時に、我が家のエアコンが故障してしまった。
パナソニックのサポートにWebで修理依頼をしたら早速対応してくれて、水曜日には修理に来てくれるようだ。
こんな夜は観察に出かけるのが一番良い。


すでにヒラタの旬は過ぎているので、今夜も2箇所のみのショートコースだ。
それでもこのポイントはそこそこの数のヒラタが見られるので、ここでヒラタが見られなくなったらもう「観察終了宣言」でもしようかと思っている。


f0104042_21552653.jpg



最初のポイントでは、メスが2頭、オスが2頭だ。
ほぼ常連だから居ないに等しい。


f0104042_21552467.jpg



何度も写真は撮っているので、土に逃げようとしているところを写す。


次のポイントではかろうじてマメピカが1頭。
「もうここへは観察に来るのは止そう…」と思っていたら、


f0104042_21552123.jpg



大きなシラカシの高いところにある洞の中に大きな黒い物体が…。
動きを見ていても、どうもゴキブリの動きには見えない。
ライトで照らすとウロウロと隙間に出たり入ったり…。


f0104042_21551948.jpg



撮影は難しいが、何とか姿が写っていた。


f0104042_2223495.jpg



どうだろう? おそらくヒラタに間違いないだろう。
たぶん60ミリ前後はありそうな大きさだ。


ただ、ここはハシゴも架けられないし、たとえ架けたところでウロに潜り込まれて手に負えないだろう。
しばらくは観察は欠かさずして、洞から出てきたら玉網竿で狙ってみようと思う。
こんなビッグサイズ…見られただけでもラッキーだけど。













[PR]
by kinokoe | 2017-07-03 22:13 | 採集記 | Comments(0)
大きめも増えてきた (2017/06/11 東京 ヒラタ♂10、♀2)
「ヒラタ不調」という感じな6月だが、なんだかんだで大きめも増えてきた。
その分マメピカの遭遇回数が少し減ってきたような…。
マメピカがメスと結ばれる季節が終わったということか。


f0104042_22175172.jpg



メクレでメスと同居していた48ミリ。
測るためにメクレから出しちゃったから、夜にはペアで居なくなってしまった。
まあ、すでに結ばれていることだろうけど。



f0104042_22175754.jpg



52ミリが現れた。今までマメピカ天国だったが、いよいよ勢力図が変わる。


f0104042_22175363.jpg



大きめのヒラタの隙間を狙ってチョコチョコ動くマメピカ。
フットワークは軽い。


f0104042_2218511.jpg



先日逃げられてしまった大物?
かと思ったが、本日サイズが判明。51ミリだった。
遠くにいると大きめに見えてしまうな。




f0104042_2218835.jpg



それでもって、よく「大物?!」と思ってドキッとするのがコレ。
ノコギリカミキリも多くなってきて、紛らわしい。













[PR]
by kinokoe | 2017-06-11 22:31 | 採集記 | Comments(0)
暑くても乾燥しているとダメ…(2017/05/30 東京 ヒラタ♂5、♀2)
今日は暑かった…。
ちょっと暑すぎ。


でも夕方になって空気はいい感じがする。


f0104042_2218654.jpg



はじめに回った森ではまずまず。


f0104042_221839.jpg



常連のメスもいる。


ただ、その後はさっぱり。
常連も消えていた。
原因は、おそらく雨不足。
森が乾いていて蚊も飛んでいない。


今夜は早めに切り上げて、残った仕事をするか…。










[PR]
by kinokoe | 2017-05-30 22:22 | 採集記 | Comments(0)