根元を掘らないで欲しい

昼は大きな公園周辺を散策してきたのだけれど、ずいぶんと親子の採集者が増えてきた。あちらこちらで、虫とり網、虫かごを持ってクヌギやコナラの周辺を歩いている。ただ、気になったのは、どの親子もしゃがみこんで根元を掘っていたこと。お父さんと息子で木の枝を使ってせっせと掘っている。一見、微笑ましい光景だが、どうも気分が悪い。

実はわたしは根元が掘ってあるのが大嫌いだ。正確に言えば、掘ったままにするのが大嫌いなのだ。
クワガタ観察に行って、先に来た誰かが根元を掘ったままにしているのを見ると、ものすごい喪失感を感じる。そしてクワガタ観察のワクワク感は一気にトーンダウンしてしまう。

f0104042_23070100.jpg

誰が根元を掘る採集法なんかを子どもに教えているんだろう、と常々疑問に思っていたが、今回の様子から考えると、こうして親から子へ伝えられているのかもしれない。
根元を掘ってどれくらいのクワガタを採集できているかは知らないけど、掘った労力を考えると、そんなことよりも1本でも多くの樹液の出る木を探したほうがマシだ。

掘ったら埋め直しておけばいい、なんてことは甘い考えだ。中途半端な埋め方をしたところで、もとのようには戻るはずがないし、掘っている全ての人が埋め直すことにならなければもとには戻らない。掘ったままにする人は無くならないのだ。

クワガタを愛する人は、環境や樹木についての知識も多少は知っておくべきだと思う。根元を掘ることは樹木の健康にとって良いはずはなく、そのうち木の元気が無くなり樹液の勢いも衰えていく。

このブログを読んでいるお父さんがいたら、子どもをクワガタ採集に連れていくことから、樹木の健康や環境、マナーについても考える機会をつくって欲しい。根元を掘らない、樹皮を剥がさない、樹皮を傷つけない、取り付けたトラップを回収する、材割りしない、ゴミは持ち帰る、余計な数を持ち帰らない、メスは持ち帰らない、など学べることはたくさんあると思う。




.





[PR]
by kinokoe | 2018-07-07 23:08 | 雑記 | Comments(0)

自動車無しでいろいろ歩き回って、東京ヒラタ中心に昆虫採集をしたことを掲載していきます。


by kinokoe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31